IT試験について

経済産業省が行う国家試験で、情報処理技術者試験というのがあります。
試験の目的は情報処理技術者に目標を示して、技術の向上を図り、水準を示すことで教育水準を確保することを目的としています。
情報処理技術者としての知識と技能が一定以上の水準にある事を認定している試験ですから、情報処理を利用する企業、官庁などが採用する際に役立ちます。

国家試験ではありますが、資格が与えられるわけではないので資格試験であるかははっきりしないそうです。
日本国内においては、業務独占資格でも必置資格でもありませんので、資格が無くても業務に就くことはできます。
2009年度から実施されている試験区分はスキルレベル1からスキルレベル4まであって、それぞれ対象者がいます。

スキルレベル1はITの入門として、情報技術に関する基礎的な知識を持ち、情報技術に就くか担当業務として活用していこうとする者を対象としています。
スキルレベル2は高度IT人材となるために必要な基本的知識や技能を持ち、実践的な活用能力を身につけた者が対象となります。

スキルレベル3は高度IT人材となるために必要な応用的知識、技能を持った人材としての方向性を確立した者を対象としています。
スキルレベル4は高度IT人材として確立した専門分野を持つ者を対象としています。スキルレベル3か4の資格に合格していると、高度な知識、技能を持っていることの証明となるとともに、弁理士試験などの科目免除もできます。

試験はだいたい春季と秋季の年間2回くらいありますから、自分のスキルの確認やスキルアップのために受験してみてはいかがでしょうか。
キャリアアップをめざすエンジニアの方におすすめのサイトです。フリーの方以外も参考になると思います。「フリーエンジニア・キャリアアップの道

Leave a Reply